令和元年初日、おめでとうございます

日記
スポンサーリンク

平成の元号が昨日で終わり、本日から令和となりました。冷静に考えると何がめでたいのかはっきりわからないまま、ともかく新しいことはおめでたい。そういうわけで鎌倉は鶴岡八幡宮に参拝してきました。令和こそ、鎌倉とご縁が結べますよう。

さて、新時代へのお祝いの気分とともに、いろいろあったにせよ一時代を終えたという達成感のようなものもあるように思います。少なくとも日本では戦争は起きなかったし、大不況時代、失われたXX年など経済や生活では影が落ちたものの、日本は生活水準としては世界有数の安全と快適さを維持することができました。

これも大変におめでたいことだと思います。

寿福寺

西暦も和暦も、人間が勝手に決めた区切りでしかなく、今日から何かが変わる、というものでもありません。でも、その区切りが気持ちを入れ替えるきっかけにはなります。そう思えば、やはり今日は日本人にとって大きな一日です。

そして、平成の天皇が生前退位を選択されたことで一時代を明るく終え、一時代を明るく始めることができたのは先行き課題の多い日本にとってとてもよいことだと思います。この平成31年4月30日、令和元年5月1日に日本に明るい雰囲気をつくられたことに、感謝いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました