冨士御室浅間神社 武田信玄が崇拝した富士山最古の神社

山梨県南都留郡。坂上田村麻呂、源頼朝、そして武田信玄と武将の祈願所として崇拝された神社です。本宮は富士山最古の社でもあります。

所在地・交通

所在地

交通

河口湖駅からバスで10分。冨士御室浅間神社下車。今回は車で行きました。近くに駐車場があります。

御由緒・御祭神

  • 本宮は文武天皇3年(699)、藤原義忠が富士山の二合目に祀った。養老4年(722)、雨屋を建立、大同2年(807)に坂上田村麻呂が蝦夷征伐の御礼として社殿を創建した。
  • 現在の本宮は慶長17年(1612)、当時の地方領主である鳥居成次が造営し、昭和49年(1974)、永久保存のため里宮の境内に移築された。
  • 里宮は天徳2年(958)、村上天皇が崇敬者の便を図るために建立。
  • 現在の社殿は明治22年(1889)の再建。
  • 御祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)。

冨士御室浅間神社

かわいい。

里宮

本殿

本宮

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください