瑞巌寺 鎌倉北条氏との縁もある伊達政宗ゆかりの禅寺

2018年5月19日 参拝

宮城県宮城郡。日本三景の一つ松島にある瑞巌寺は、名将伊達政宗によって大伽藍を擁しました。鎌倉時代に遡ると、執権の北条時頼がその歴史をつないでいます。

瑞巌寺の所在地・交通

所在地

交通

JR仙台駅から仙石線で松島海岸駅まで約40分、そこから徒歩5分です。

瑞巌寺の御由緒

  • 正式名称は松島青龍山瑞巌円福禅寺。臨済宗妙心寺派。
  • 天長5(828)年、慈覚大師円仁により天台宗延福寺が創建された。これが前身とされ、北条政子が仏舎利を寄進している。
  • 延福寺は鎌倉中期に廃絶する。
  • 執権の北条時頼がこの地を訪れ、そのとき出会った法身禅師を開山として円福寺を創建した。このときは臨済宗建長寺派とされている。
  • 室町時代には五山十刹制度の諸山、後に十刹に列せられるほどだったが、戦国時代には衰え妙心寺派に属することとなった。
  • 江戸時代初め、伊達政宗が虎哉禅師のすすめで現在の大伽藍を完成させた。このとき瑞巌寺と改称した。
  • 寛永13(1636)年、政宗の遺言でこの地に来た雲居禅師の努力により大禅刹となり、円通院、天麟院などが造営された。
  • 本堂と庫裏は国宝に指定されている。

瑞巌寺

Taken by iPhone8 Plus

境内前には崖を削った穴に墓石のようなものが。鎌倉のやぐらが思い出されます。

法身窟。北条時頼と法身禅師が意気投合したという洞窟。

国宝の本堂
臥龍梅

庫裏。ここから本堂に続いています。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。