【鎌倉モノクロ散策】報国寺・杉本寺・永福寺跡

鎌倉散策
スポンサーリンク

2019年8月3日 散策

ようやく夏が来たと思ったら、暑くて秋が待ち遠しい。そんな8月ですが、梅雨明け後初の鎌倉モノクロ散策です。暑くて光が強いときの色は少しきつい。モノクロにするとその形と生命力そのものを感じられます。

報国寺

まずは報国寺。竹の庭と茶席が有名です。建武元年(1334)創建と言いますから、鎌倉幕府滅亡の翌年創建です。

いつも、この小島の木陰がいい

杉本寺

杉本寺は天平6年(734)の十一面観音像安置から始まります。鎌倉最古の寺とも。

仁王門
個人的に、鎌倉の隠し和み地蔵さん

本堂は奥に本尊が祀られています。その前に静かに正座し、目をつむる。夏は蝉の声が涼しく聞こえ、冬は凜とした空気に包まれる。気持ちが疲れたときによく行きます。

永福寺跡

永福寺は源頼朝が奥州合戦の戦没者慰霊のために創建したお寺。平泉の中尊寺にあった二階大堂を模したと言われます。応永12年(1405)の大火を機に廃絶。

南翼廊の端。ここまで建物があり、人々がこの池を眺めていたと想像する。
御堂全体を眺めて。

跡地というものが好きです。ここに荘厳な建物があって、当時の人々が往来している。何を話して、何を考えていたのだろう。そこにないからこそ、自由に想像できます。もちろん、当時のまま残ってくれていればよかったのかもしれませんが、残るものがあり失われるものがあるから歴史は深みを持つのだと思いもします。

コメント

  1. […] 【鎌倉モノクロ散策】報国寺・杉本寺・永福寺跡2019年8月3日 散策ようやく夏が来たと思ったら、暑くて秋が待ち遠しい。そんな8月ですが、梅雨明け後初の鎌倉モノクロ散策です。暑く […]

  2. […] 【鎌倉モノクロ散策】報国寺・杉本寺・永福寺跡2019年8月3日 散策ようやく夏が来たと思ったら、暑くて秋が待ち遠しい。そんな8月ですが、梅雨明け後初の鎌倉モノクロ散策です。暑く […]

タイトルとURLをコピーしました