柴又帝釈天 映画「男はつらいよ」の舞台になった葛飾柴又のお寺

2017年11月24日 参拝

柴又帝釈天と聞けばまず映画「男はつらいよ」が浮かぶのではないでしょうか。その舞台となった帝釈天は日蓮宗のお寺で、除病延寿の信仰厚く、江戸庶民の参拝が絶えなかったと言います。私は映画は見たことがないので、どちらかと言えば「こち亀」のほうがなじみがあります。

柴又帝釈天の所在地・交通

所在地

交通

京成金町線柴又駅から徒歩5分ほど。駅前から門前町があり、駅を降りれば着いたようなものです。

柴又帝釈天の御由緒

  • 正式名称は経栄山題経寺。日蓮宗の寺院。
  • 寛永6年(1629)創建。開山は禅那院日忠上人。実際に寺を開いたのはその弟子の題経院日栄上人とされる。
  • 中興の祖は9代住職、亨貞院日敬(こうていいんにちきょう)上人。安永8年(1779)庚申の日、帝釈堂修理の際、かねてより伝わったものの不明だった一枚の板本尊を発見する。よって「庚申」を縁日とする。
  • 天明の飢饉、疫病蔓延の折、日敬上人はこの板本尊を背負い歩き江戸庶民に拝ませたところ、御利益があった。この板本尊は日蓮聖人の作という。
  • 当時の民間信仰「庚申待」と結びつき「宵庚申」の参拝が行われるようになった。
  • 帝釈堂の外壁の木彫りは昭和4年(1929)完成。

柴又帝釈天(経栄山題経寺)

門前町

帝釈堂

帝釈堂壁面の木彫り。圧巻。大庭園とともに拝観有料。

大庭園。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。