泉涌寺 皇室の菩提所として「御寺」と称される

2018年3月24日 参拝

京都府京都市東山区。弘法大師の庵が始まりとされます。歴代天皇の陵が営まれていることから「御寺(みてら)」と呼ばれています。京都中心街から離れた場所で、隣の東福寺よりもまた少し奥の月輪山にあり、その静けさが心を休めてくれます。

泉涌寺の所在地・交通

所在地

交通

京都駅(烏丸口)から市営バスで「泉涌寺道」まで10分、その後参道を歩いて15分程度。参道は今熊野観音寺などがあり、散歩気分で楽しめます。

京阪、JR東福寺駅からは徒歩20~25分程度でしょうか。

泉涌寺の御由緒・御本尊

  • 天長年間、弘法大師空海が庵を結んだことに由来する。
  • もともとは法輪寺とされ、その後仙遊寺と改称されたが承久元年(1219)、開山とされる月輪大師俊芿(がちりんだいししゅんじょう)が宋の様式を取り入れて伽藍を建立した。
  • 建立時に土地の一角から清泉が湧き出た。これを以て泉涌寺と改めた。
  • その後、律を基本として天台・真言・禅・浄土の四宗兼学(または五宗兼学)の寺として栄えた。
  • 仁治3年(1242)、四条天皇がこの地に葬られて以降、歴代天皇の山稜が造営され、御香華院(菩提所)として信仰を集めた。以て「御寺(みてら)」とも称されることとなった。
  • 本尊は阿弥陀、釈迦、弥勒如来の三世仏。過去、現在、未来を表し人類の安泰と幸福を守る。
  • 境内には楊貴妃観音堂があり、楊貴妃観音像を祀る。絶世の美女にして妃の楊貴妃を偲んで、玄宗皇帝が彫らせたという伝承がある。寛喜2年(1230)に泉涌寺に伝わったという。

泉涌寺

参道入り口
参道
大門
仏殿
舎利殿

霊明殿
本坊から御座所を望む
本坊
鎮守社
泉涌水屋形
楊貴妃観音堂
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください