建長寺 鎌倉五山第一位、日本初の禅宗寺院

神奈川県鎌倉市。鎌倉の寺といえばこの建長寺。臨済宗建長寺派の大本山であり、鎌倉の臨済宗寺院の格を決める鎌倉五山の第一位でもあります。裏山には半僧坊という天狗を祀る鎮守社も擁します。

建長寺の所在地・交通

所在地

交通

JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩約15分。鎌倉駅からは30分と言われますが、鶴岡八幡宮まで来たら一山越えるだけです。坂で時間を取られるとして鶴岡八幡宮から15分くらい。

建長寺の御縁起・御本尊

  • 正式には巨福山(こふくさん)建長興福禅寺。鎌倉五山第一位。臨済宗建長寺派大本山。
  • 建長5年(1253)創建。鎌倉幕府五代執権北条時頼を開基、蘭渓道隆を開山とする。
  • 中国宋時代の純粋で厳しい禅をそのまま導入し、「天下禅林」として多くの僧を集めた。
  • 天下禅林とは、人材を広く天下に求め育成する禅寺の意。建長寺を象徴するという(拝観チケットより)。
  • 蘭渓道隆は京都の建仁寺なども創建し、建長寺に戻って歿する。後宇多天皇より大覚禅師という禅師号を賜る。日本初の禅師号。
  • けんちん汁は建長寺発祥。
  • 創建当時の建造物の多くは、14、15世紀の度重なる火災で焼失した。
  • 江戸時代に入り、沢庵和尚など高僧の進言、江戸幕府の後援によって再建、復興された。
  • 本尊は地蔵菩薩坐像。これを安置する現在の仏殿は正保4年(1647)、東京の増上寺より移築したもの。
  • 法堂には千手観音菩薩を祀る。法堂は本来は住職が須弥壇上で説法する施設であり、仏像は祀らない。文化11年(1814)に再建。関東最大の木造建築。

建長寺

iPhone 8 Plus with Lightroom CC

総門。巨福門ともいう。

三門。三解脱門の略。
仏殿
本尊地蔵菩薩坐像
法堂の千手観音菩薩像(後ろ)。前は釈迦苦行像。
方丈。別名龍王殿。
方丈の裏の庭園。蘭渓道隆の作庭。

塔頭の一つ、回春院。

梵鐘。国宝。
半僧坊への参道。建長寺境内の奥から続く。

多くの天狗が出迎える。

 

Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください