円覚寺 鎌倉五山第二位 古都の面影を残す北鎌倉の代表寺院

神奈川県鎌倉市。北鎌倉に来たら誰もが始めに訪れるであろう、北鎌倉駅の目の前にある寺院です。臨済宗円覚寺派大本山であり、建長寺とともに鎌倉の禅宗を代表する存在です。

円覚寺の所在地・交通

所在地

交通

JR北鎌倉駅から徒歩30秒。本当に目の前です。

御由緒・御本尊

  • 弘安5年(1282)創建。禅宗である臨済宗円覚寺派の大本山。正式名称は瑞鹿山円覚興聖禅寺。鎌倉五山の第二位に列せられた。
  • 開基は北条時宗、開山は中国(宋)の高僧無学祖元。
  • 蒙古襲来の戦没者を敵味方なく弔うことを目的として創建された。
  • 境内には北条時宗の墓所、開基廟がある。時宗は円覚寺創建の二年後に歿し、すぐに建立されたが、現在の開基廟は文化8年(1811)に改築されたもの。
  • 本尊は宝冠釈迦如来坐像。これが祀られている仏殿は昭和39年(1964)に再建されたもの。
  • 舎利殿は国宝に指定。源実朝(頼朝の子)が宋から請うた仏舎利を奉納する。創建時にあったものではなく、室町時代に鎌倉西御門の尼寺である太平寺(廃寺)から移築された。

円覚寺

Fujifilm Klasse S + PRO400(すべてフィルム撮影)

山門
本尊・宝冠釈迦如来坐像
方丈
舎利殿。普段はここまで。
黄梅院
開基廟
弁天堂にある国宝・洪鐘(おおがね)
松嶺院。春季のみ公開。開高健の墓などがある。
桂昌庵(閻魔堂)。弓道場がある。
桂昌庵にある身代わり地蔵
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。