安国論寺 日蓮が立正安国論を書き上げ、また松葉谷法難の地(のひとつ)

2018年2月3日 参拝

神奈川県鎌倉市。日蓮宗始祖の日蓮が鎌倉で草庵を立て、また日蓮の四大法難の最初の「松葉谷法難」を受けた地でもあります。立正安国論を書き上げたという境内はひっそりとした山に囲まれ、今では静かに時が流れます。

同じく松葉谷の妙法寺も合わせてどうぞ。

妙法寺 鎌倉の苔寺にして日蓮最初の草庵跡(のひとつ)

安国論寺の所在地・交通

所在地

交通

JR鎌倉駅から徒歩15分。小町大路(鶴岡八幡宮の参道若宮大路の東側)を南下、途中で東に曲がります。妙法寺の隣にあります。

またはJR鎌倉駅東口3番バス乗り場名越方面行きに乗り「名越」下車、徒歩3分です。

安国論寺の御由緒

  • 日蓮は生国(安房)を発って、建長5年(1253)、この名越松葉谷の岩屋に草庵を立てた。
  • その草庵が現在の本堂の向かいにある小庵とその奥にある御法窟(御岩屋)である。
  • 安国論寺自体は弟子の日朗が文応元年(1260)に御岩屋の側に安国論窟寺を建てたことを始まりとする。
  • 日蓮は32歳から約20年にわたりこの地で法華経の布教に努めた。
  • 文応元年(1260)、39歳のとき、日蓮は立正安国論を書き上げ同年7月16日、前執権北条時頼に建白(申し立て)した。これが執権及び他宗の怒りを買い「松葉谷法難」を引き起こすこととなった。

安国論寺

本堂
立正安国
安国論寺第二祖日朗上人荼毘所
御小庵。現在のものは尾張徳川家寄進、元禄時代の建立。この奥に立正安国論を著した御法窟がある。
熊王大善神尊殿。鎮守。
Pocket

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。