【鎌倉】妙隆寺 七福神の寿老人と鍋かぶり上人日親の寺

鎌倉の寺社
スポンサーリンク

神奈川県鎌倉市。寿老人と日親。おじいさんばかりの寺。小町大路の住宅街にある小さな日蓮宗寺院です。

妙隆寺の所在地・交通

鎌倉駅から若宮大路を渡って小町大路へ。駅から歩いて全部で10分くらい。

妙隆寺の歴史

  • 元中2年・至徳2年(1385)、千葉胤貞を開基、日親の叔父である日英を開山にして創建されました。
  • 千葉胤貞は鎌倉幕府の御家人であった千葉常胤の子孫。妙隆寺は千葉胤貞の別邸「千葉屋敷」の跡地に建てられています。
  • 日親は布教に際して弾圧を受け、灼熱の鍋を頭にかぶせられる拷問を受けました。この鍋は一生頭から離れることはなく、鍋かぶり上人と呼ばれました。

写真で見る妙隆寺のいま

右の堂に寿老人

コメント

タイトルとURLをコピーしました