上野東照宮 日光東照宮に劣らない黄金の輝き

2016年5月7日 参拝

日光東照宮と並ぶ東京の東照宮。江戸幕府お膝元ということもあり、劣らぬ輝きです。今は上野恩賜公園の一部となっており、東京にいながらにして壮麗な装飾を見ることができます。東京が徳川家のものだったと実感します。

上野東照宮の所在地・交通

所在地

交通

言わずと知れたJR上野駅から上野公園に入り徒歩10分ほど。上野動物園のおとなりにあります。

上野東照宮の御由緒・御祭神

  • 寛永4年(1627)、東叡山寛永寺境内にて創建。
  • 現在の社殿は慶安4年(1646)、徳川家光によって改築されたもの。
  • 正式名称は「東照宮」。通常は区別のため上野東照宮と呼ばれる。
  • 東照宮とは、徳川家康を祀る神社のこと。
  • 御祭神は徳川家康、徳川吉宗、徳川慶喜。。

上野東照宮

拝殿。別名金色殿。
唐門内部。柱には龍の彫刻があり、これは日光東照宮の眠り猫と同じく左甚五郎によるもの。
五重塔。上野東照宮の一部として建立されたものの、神仏分離令によって寛永寺の所属となった。その後、東京都に寄付され現在に至る。
上野動物園内からは間近に寄ることができる。動物園行かなかったらわからなかったよ…。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。