明月院 – フィルムで鎌倉を撮る film in Kamakura –

こんにちは。フィルムで鎌倉を撮り歩く企画を始めてみました。フィルムについては別途語りたいと思いますが、まずは写真から。

第一弾は鎌倉のあじさい寺、明月院。すでにあじさいの季節は終わった7月の参拝ですが、一年通して季節の移ろいを感じられる寺院です。

明月院

茶室・月笑軒

写真の何かの事始めと言えばこれまで円覚寺だったのですが、最近は明月院です。円覚寺ほど広くない、というのが手軽でいい。

北条時頼廟所

明月院はもともと明月庵と称し、鎌倉幕府五代執権北条時頼がこの近くに最明寺を創建。その後、時頼の子時宗が最明寺を前身として禅興寺を建立しました。

月笑軒を上から。一番風流を感じるアングルだと思っています。

こんな休憩所があります。日中は人が多いので、独り占めできれば幸運ですね。季節によっては虫が多そうですが…。

方丈(本堂)
悟りの窓

誰もが写真に撮る悟りの窓。この光景を撮るために行列ができるほど。

花想い地蔵。今年最後のあじさい。

明月院は鎌倉のあじさい寺と呼ばれ、その濃厚な青は特に「明月院ブルー」と言われています。

開山堂
やぐら。特に明月院やぐらと呼ばれる。鎌倉に特徴的な墓所。

明治時代になると禅興寺は廃寺となり、明月院だけが残されて今に至ります。

竹林

Fujifilm klasse S with Fujifilm color film 100 for the record

Pocket

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。