鎌倉散策

鎌倉散策

2018年初詣は鎌倉散歩

明けましておめでとうございます。 2018年1月1日、昨年は暇あれば鎌倉散歩とよく通ったので、今年もよろしくと鶴岡八幡宮さんを中心に軽く歩いて回りました。
鎌倉散策

宝戒寺 北条家跡地に立つ慰霊の寺院。また修行道場としても隆盛を誇った。

神奈川県鎌倉市。鶴岡八幡宮からほど近い寺院。北条家を悼む後醍醐天皇の発願により建てられました。鎌倉時代の終焉を象徴していると言えるかもしれません。とはいえ、今ではひっそり、小さな寺院です。
鎌倉散策

報国寺 「竹の寺」と呼ばれるほどの見事な竹林と茶屋でひと息。

神奈川県鎌倉市。竹林とその中にある茶屋で有名な報国寺。鎌倉の寺院らしく禅寺であり、創建には足利・上杉両家とも縁があります。
鎌倉散策

杉本寺 鎌倉最古の寺。本尊には「杉の本の観音」の伝説が伝わる。

神奈川県鎌倉市。鎌倉市街地から少し離れた金沢街道にある鎌倉最古の寺。いまも天台宗寺院として森の中に鎮座し、小さい境内ながら深い歴史を感じさせます。
鎌倉散策

浄妙寺 当時の鎌倉五山第五位。足利氏ゆかりの禅寺。

神奈川県鎌倉市。鎌倉五山にふさわしい大伽藍を持っていた浄妙寺も、鎌倉の他の寺院と同じく衰退を経て今に至ります。しかし、禅寺としての風景、足利直義の墓といった歴史を持ち、いにしえの鎌倉を伝えています。
鎌倉散策

浄光明寺 度重なる災難に耐え、今に伝わる静寂の寺。

神奈川県鎌倉市。鎌倉と言えば禅寺ですが、こちらは真言宗。鎌倉の歴史を彩る寺院の一つですが、その魅力は廃寺となった多宝寺跡を受け継いでいること。奈良の西大寺は真言律宗。また鎌倉の極楽寺、金沢文庫の称名寺といった近隣の真言律宗とも関係を想像して、楽しみが広がります。
鎌倉散策

海蔵寺 市街中心から離れ静かに佇む禅寺。金鎚の別称「げんのう」発祥の地とも。

神奈川県鎌倉市。鎌倉には多くの寺社がありますが、海藏寺は中心街からは離れて静かな場所にあります。鎌倉時代には七堂伽藍を持つ大寺院でしたが、現在では二三の御堂を持つのみです。それゆえか、静かな境内と季節の草花でまさに禅の心を感じられます。
鎌倉散策

静の舞 鶴岡八幡宮催事。義経を想う静御前の悲哀を語り継ぐ。

静の舞は鶴岡八幡宮の舞殿で行われますが、これは静御前が源義経を慕った舞を、まさにこの舞殿の位置で舞ったと伝わることによります。
鎌倉散策

鶴岡八幡宮 三大八幡宮の一つ、源氏と鎌倉の象徴。

神奈川県は鎌倉の象徴である鶴岡八幡宮。日本史で見れば鎌倉時代は百数十年とほんのわずか。それでも今なお存在感を持つ鎌倉は、源氏の政治の中心であったこの鶴岡八幡宮があればこそだったのかもしれません。
鎌倉散策

鎌倉宮 後醍醐天皇の皇子、凄惨な最後を遂げた護良親王を祀る。

神奈川県鎌倉市。後醍醐天皇の皇子を祀るとあって伝統ある神社かと言えば創建は明治時代。幽閉の牢が今に残り、その生々しさが伝わります。
スポンサーリンク